RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
エスプレッソはいかか?
みなさんはエスプレッソはお好きですか?
あの小さなカップで飲む、一見、濃いコーヒーのことです。
スターバックスなどのシアトル系カフェの普及で飲む機会が増えたと思いまうす。

エスプレッソは濃くて苦そうですが、実は、スチームで短時間にいれるので、胃にさっぱりしていて、飲みやすいコーヒーです。

おウチでも作ってみませんか?
豊かなコーヒータイムを感じられると思います。
エスプレッソエスプレッソ

エスプレッソサイト
エスプレッソ LOVE

エスプレッソは魅惑のエキス!



エスプレッソはデミタスカップに半分以下で表面を赤茶色のクレマが覆っているのが本格派なのです。

エスプレッソはイタリア語で「速達」や「急行」の意味。粉のように細かく挽いたコーヒーの粉を20秒くらいの超短時間で高圧でいれます。 同じコーヒーでもペーパードリップのコーヒーとはずいぶん違います。エスプレッソの特徴と魅力を挙げてみましょう。


一杯の量は25〜30ml とごく少量で、専用のマシンを使って抽出します(一杯の量を多く抽出すると雑味が混じります)。コーヒーの一番おいしい部分のエキスなのです。基本的には砂糖だけをたっぷり入れて飲みます。
高品質のエスプレッソはまろやかさのあるトローッとした液体に、コク、苦味、甘味や酸味(アシディティ)のバランスが取れていて渋みはほとんどありません。。フルーティ、チョコレートあるいはスパイシーなどと表現される芳香が口いっぱいに広がり快い香りに包まれます(豆を挽いて時間がたったもので抽出しても香りが薄れています)。香りの強さは家中に漂うほどです。まだ、本当においしいカフェが少ないので、このようなおいしいエスプレッソに出会うチャンスが少ないのが残念です。
飲んだ後も口の中に快い香味が30分ほども持続して、快適な気分が続きます。
マシンを使って抽出したエスプレッソは表面がクレマ(crema)と呼ばれる赤茶色の クリーム状の泡に覆われているのが普通です。クレマは通常全体の液量の10〜20%(デミタスカップで3〜6ミリ)ほどの厚さです。クレマはエスプレッソの味をまろやかにするとともに、香りを口の中に持続させてくれます。
砂糖を入れて飲むとチョコレートを食べているようです(液体のコーヒー飴だと表現した人もいます)。それだけでなく、その香りの高さを生かしてさまざまな飲み物やデザートなどにアレンジされます。カプチーノ、カフェ・ラテ、ティラミスなどは皆さんもご存知ですよね。これらはどれもエスプレッソをベースに作られます。
予想に反してカフェインが少なく、カップ当たりでエスプレッソは250mg前後、ペーパードリップでは同じ量の豆を使っても400mg 前後という違いがあります。カフェインが少ないので一日に何杯も飲んでもあまり胃にさわりません
author:gomabon, category:コーヒー, 16:58
comments(0), trackbacks(1)